イムノキャップラピッドの欠品に思う

皆さん、今シーズンの花粉は多かったですね(まだシーズン終わっていませんが)スギも多い、ヒノキは更に多い・・・(*ノωノ)

そして、来ましたアレルギー迅速検査キットの欠品です(商品名はイムノキャップラピッドといいます)

当院でも15分で結果が出る注射器を使わないアレルギー検査としておすすめしていますが・・・。手に入りません(T_T)

花粉症シーズンはアレルギー検査を希望される方が多いためと思われます。花粉、多かったですから(冒頭の発言に戻る)

当院では舌下免疫療法(スギ・ダニ)をやっておりますが、このイムノキャップラピッドがないと当日スタートが出来ません(アレルギーを証明しないと舌下免疫療法の適応にならないため)残念ですm(__)m流通が早く回復するように願います

採血検査になると結果が出るまで約1週間かかります。今すぐ始めたい方には長い待ち時間になりますね。もちろん、今までアレルギー検査を受けたことのある方なら検査結果をお持ちいただければ当日スタートは可能です!!(スギは6月~受付開始)

スギ花粉の飛散はほぼ落ち着いており、ヒノキ花粉の飛散も少し減ってきました。例年、GWの頃にはシーズン終了になりますが今年はどうなるか?伸びるかもと注意して見ています

注意といえば、沖縄県、愛知県での麻疹の流行です。話が変わってしまい、すいません。GWを中心とした旅行シーズンに全国的な流行に結びつかないように注意ですね

 

 

 

 

 

 

2018年4月18日

3月といえば花粉

中待合に貼ってあります(*^▽^*)

中待合に貼ってあります(*^▽^*)

3月といえば、ひな祭り、卒業式、入学式と暖かくなる気温と共に明るいイメージですが、スギ花粉症の方々にはつらい、きつい時期となってしまいますね。

2月中ごろから東京でもスギ花粉本格飛散が始まり。この国立でも昨年より明らかに多くスギ花粉が飛んでいます(自己観測)。スギ花粉に敏感な方は年明けから天気の良く、風の強い日には花粉を感じていたそうです。

花粉症予防としてはマスク、花粉除けメガネ、花粉が付きにくい素材の洋服(毛、フリースはNG)は基本ですが、洗濯物や布団を屋外に干せないと結構困りますね。外出まで避けると生活に支障も出ますし。どうにかしたいですよね。

私からは言えるのは花粉症薬が必須だった時代を思うと、舌下免疫療法は偉大だという事です。

私事ですが、先日、ランニングをしました。多摩動物園で折り返して戻ってきたのですが、往路復路ともに起伏に富んで良いコースでした。石田大橋から高幡不動のガードを抜けると人・車ともに少なくなり、空気は冷たいものの、春の兆しを感じました。

建物の外壁工事中で騒音、においで大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。中は元気に明るく営業しておりますので、今後ともよろしくお願いします。

 

2018年2月28日

外壁工事中です

2月になりました。

まだ寒い日が続いていますが、花粉症の患者さんが来院されています。

本格的に飛散する前からの内服・点眼は初期療法と言われており、大変効果的です(^^)/

おすすめします(*^▽^*)

尚、3月下旬迄、建物の外壁工事のため入口が狭くなり、入口自体もわかりにくくなっています

ご迷惑をおかけして申し訳ありません

2018年2月7日

カブトムシ終了 オオクワガタ誕生 新企画も??

オオクワガタ夏といえば梅雨が明けました。今年は少雨で暑い日が続き、体調を壊した方も多かったですね

毎年恒例の人気企画! ”カブト虫飼いませんか” は無事終了しました

リピーターの方も出てきており、今年はカブトムシの飼い方説明書を自作しました

既に卵も生まれ、来年に向けて新しい命が育っています

 

さらに、昨年冬からオオクワガタの飼育に挑戦していましたが、なんと成功!

誕生しました!オオクワガタ(*”▽”)かっこよい~~

 

さらにさらに、スズムシも!(^^)!こちらは昨年飼ったスズムシがたくさん卵を産んでくれました

不完全変態なので、小さいスズムシがわさわさしています~~

新企画の予感・・・。お楽しみに!!

2017年8月1日

今からできるスギ花粉対策 1月中旬

そろそろスギ花粉症のシーズンが始まりますね。今から始めるなら初期療法がおすすめですが、毎年花粉症で悩んでいる方には舌下免疫療法(毎年6月~12月までの受付)やレーザー治療(花粉症シーズンは出来ません)もあります。

今からできるスギ花粉症対策1月中旬 まとめ

①花粉と接しない  外出を減らす、室内換気には空気清浄機を使用、マスク・保護メガネを常時使用、外出時にコート(毛は避ける)・帽子・スカーフを着用して家に入る前に脱ぐ。特に気温の高い日は要注意!!

②初期療法  スギ花粉が飛び始める前からお薬を開始する治療法です。症状が出ていないのに薬を使用するの?と思うかもしれませんがエビデンス(医学的根拠)があります。

初期療法のメリット1:スギ花粉が本格的に飛び始めた後、症状の出る時期を遅らせることが期待出来る

初期療法のメリット2:スギ花粉飛散ピーク時の辛いアレルギー症状を軽減することが期待できる

期待できるというのは効果には個人差があるからです。薬の種類や量については調整が必要な事もありますが、花粉症状がひどくなってから受診するよりは、はるかに薬の全体使用量は少なくて済みますし、症状も軽く済みます。花粉症の薬には眠くなりやすいものもありますが、新薬も2種類発売されて選択の幅も広がりました。自分にあった薬を早めに見つけることも大切です。

スギ花粉症対策はスタートが大事!症状が出てから受診しようとしていると案外時間が取れなかったりするもの、そして悪化(T_T)。備えあれば憂いなし、今からあなたのスケジュールに当院受診を入れてください!!

おまけ(宣伝) 毎年、花粉症で後悔している方には舌下免疫療法をおすすめします。ざっくり言うと、スギ花粉の成分を取り出して濃縮したものを1日1回口の中にスプレーして免疫をつける療法です。イメージとしてはワクチン。当然、眠くなりません。3~5年間、毎日1回続けることが必要ですが、歯磨きと同じ感覚です。舌下免疫療法はスギ花粉治療の進化形とも言えますが、当院で舌下免疫療法を受けている方は今シーズンはさらに増加して、都内でも有数となっています。妊娠前から使用していれば妊娠・出産・授乳も大丈夫。外出の多い方や運転する方、眠くなるのが嫌な方、化粧が崩れるのが嫌な方、マスクがつけられない方に向いています。毎年6~12月に受付していますので覚えておいて損はありません。

2017年1月16日

新しい試み~頑張る力を育てたい~

11月になりました。院内のハロウィン飾りもさっぱりと無くなり、現在秋バージョン第2弾に模様替え中です

さて、先月から新しい試みを開始しています!その試みとは、お子さん(未就学児)の頑張る力を応援することです(#^^#)

お子さんからすると耳鼻科の診察ってイヤですよね・・・。でも受けないと病気が治らないからって理解できるのは小学生辺り(個人差あります)で、嫌がる⇒暴れる⇒押さえつけられる⇒もっと暴れる⇒もっと嫌になる⇒繰り返し・・。親としても切なくなりますよね(しつけの問題ではないので心配しないで大丈夫です)

一般的には成長すればおとなしくなるし、聞き分けも良くなるからって言われますけど、周りは何にもしなくても良いわけはなくて、地道な”声かけ”とか”ほめ”が重要なんです。やっぱり、ほめられると「もうちょっと頑張ってみようかな」とか、「次は頑張ろう!」とか思うんです。

そこで新企画(*^▽^*)耳鼻科の診察を嫌がらない!泣かない!と一人で頑張って診察を受けることが出来れば(未就学児のみ)ガチャガチャを回せます!

うちの子、無理なのでは?と思っても、ちょっとでも頑張れたら、すかさずほめましょう!そのうちにもっと頑張れるようになります。ガチャが目当てでも、「頑張ろうかな~」と思えば最初の一歩は成功です。上手に利用して、頑張る力を育てましょう!応援します!!

*混雑する時間帯(平日12時以降・17時以降、土日終日)は行っておりません。i-callシステムとは関連なく(使用しても大丈夫です)、上記の時間までに直接来院して受付された方のみ対象です。

2016年11月1日

クリニックの飾りつけ

DSC_0877昨年のハロウィン、クリスマスにこっそり院内の飾りつけ(当日は仮装)をしていましたが、今年は夏から本格的に院内の飾りつけをしています。

スタッフの皆さま、ありがとう!!

企画、買い出し、製作、飾り付けと協力して頑張ってくれております(*´▽`*)すっご~い

これで少しでも受診を楽しみにしてくれるお子さんが増えるといいですね(#^^#)

今期終了した夏バージョン(虫取り)の写真です

現在、秋バージョンですが、本物はぜひ来院して確認してください

 

2016年9月2日

カブトムシ成虫プレゼント

昨年、大好評をいただいたカブトムシプレゼントが今年も帰って来ました!!

今年も我が家の飼育箱にカブトムシの成虫が誕生

院長が精魂込めて(?)育てた結果、大増殖・・・

喜んでいただける方に差し上げます(かかりつけの方のみ)

早めに申し込んでいただいた方にはつがいでプレゼント!!

院長に直接申し出ていただいた後で、受付まで飼育ケースをお持ちください

尚、お子様のみでのお申し込みはお断りすることがあります

⇒大好評のうちに終了いたしました。途中でクワガタも追加♪

 

 

2015年6月19日

あけましておめでとうございます

皆様、あけましておめでとうございます。雪の降る正月、皆様いかがお過ごしでしょうか

昨年末からインフルエンザA型が例年より早く流行しましたが、この冬休みでひと段落することを祈っています

例年、年明けからB型の流行も始まりますので油断は禁物です

 

花粉症の方も、今春は大量の花粉が飛散する予測が出ていますので、温かくなってきたと思ったら要注意です

クリニックが比較的空いている1月中に一度受診していただき、早めに薬を用意しておくことがお勧めです

注意:舌下免疫療法は昨年末で今シーズンの受付を終了しました

 

2015年1月2日

カブトムシ産まれています

DSC_0421大好評の内に終了したカブトムシプレゼント

ホッとほしたのもつかの間、すでに幼虫が誕生していました!?

目視でも20匹…

来年も宜しくお願いします!

2014年8月29日