コロナウイルス感染対策

☆コロナウイルス感染対策☆
当院の試みを紹介します!


国立さくら通り耳鼻咽喉科眼科
感染防止アクション【9】
    

①マスク・フェイスシールド・キャップ等の着用

医師・スタッフ全員、
感染対策のためマスク・フェイスシールド(またはゴーグル)・キャップ等の着用をしています
毎日交換しており、汚れた時はすぐに新しい物と交換しています
*防護服を着用する場合もありますので、ご了承ください
*受付にシールドを貼っております

②手指の消毒
こまめに薬用石鹸で手を洗い、
アルコール消毒をしています
  

③共用部分の消毒

手で触れる共有部分、
手すり・ドアノブ・椅子・自動ドアの開閉ボタン・カウンター・トイレ・洗面所はアルコールより消毒効果の高い次亜塩素酸ナトリウム(0.05%)で1日2回拭いています

④ネブライザー消毒
ネブライザーの先端は
次亜塩素酸ナトリウム浸け置きして消毒しています

⑤トイレ消毒
トイレは
便座除菌クリーナーを設置しており、次亜塩素酸ナトリウムで1日2回拭いています
    

⑥診察室・待合室の換気
診察室・待合室には
換気設備が整っており、常に”強”で換気運転しています

⑦自動釣銭機の使用
自動釣銭機を導入しており、会計時の金銭のやり取りによる接触はありません

⑧雑誌・本の撤去
接触による感染予防のため、院内の
雑誌・本は撤去しました

⑨キッズルームの閉鎖
狭い空間に人が集まる場所は感染のリスクが高まるため、
キッズルームを閉鎖しました